CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
ためこむ場所
忘れないための場所
小動物の頬袋

FEZはB鯖ネツ ROはFenrir
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
やさしさをあたためてそっと
ARIAの12巻読みました

大団円大感動でした。奇跡で素敵な水の惑星のお話はいつまでも心の中で遙かなる蒼を湛えて揺らいで輝き続けるんだよーはひー

と幸せいっぱいな感じでいったん閉じようとしたんだけどやっぱりすっきりしないι
なので書きながら整理していきます
ネタバレ全開です


急展開らしいから読むスピード遅くなるかなーと思いつつ読み始めたけど意外とすっと入ってきて、あぁこのままキラキラに昇華できるかなと思ったけど
143ページではちょっと指が止まってしまいました
「これは夢だ」って続く気がしちゃって、何か怖くて
そんなはずないのにね
でもそうなるともう色々気になりだしちゃってだめ
あの人形の話は何だったんだろう
人形の話のためにおじいさんが作られて、もうおじいさんは変わらなくて、変わらないのは人形で、あれ

一つ一つまとまよう
まずアリシアさんの結婚&転職
これはまぁ、普通かな
どうも季節の巡りを正確にカウントすると矛盾してくるAQUA時空になってはいるらしいけど、それにしてもまだまだ若いのにーってことで、もったいないとも最初思ったけど
15歳からやってたわけだし、短すぎることは決してないかなと
丸々の休みが月1なんて描写もあったんだし、その上結婚考えるまでの人が出来たとならばねぇ

お次は3人娘のプリマ昇格の時期について
灯里昇格=アリシアさん退職って決めてたんなら、都合の部分も大きいのかな
共通ルールの中でとはいえ各店の都合(経営)による裁量も認められてるようだし
となればアリシアさんの心情も判断基準になってでっかい当然です
まだしばらく自分もウンディーネを続けて、それから改めて…としなかったとこに、アリシアさんも人の子だったのだねぇと妙な感想も持ちました
大きい転換は一度にまとめて新しさを演出したくなるのが人間ですよ
ずいぶん前からうちの冷蔵庫の電気付かなくなってて(冷却は問題なし)直し方も見当付かないけど、引っ越すまでどうする気もないもん
何だこの例え

アリシアさんだけが、自分のわがままで灯里の昇格を先延ばしにしてしまったってはっきり伝えたおかげで、えーっとなったけど
指導員と教え子という関係ではいられなくなるって点では3組とも同じだったわけで
その辺の対比ってどうだっただろ
そこをあらためて言葉にはせずに乗り切った晃藍華組からは強さを感じた
アテナアリス組も、過去に色々ぶつけ合った感があっていい
けど、ARIAカンパニー組は最強同士のペアだからどうもその辺が、と思わなくも
はひーどうしようーと言ってはいても、何でも楽しめるって最強スキルだかんねぇ
「あいつは何でも楽しめるからな。灯里は無敵だ」
うむうむ
だから、灯里の涙にすごく安心した
そこでアリシアさんも、自分のわがままだったって、殻を壊してくれて安心した
一緒に壊れたものは混じり合うから安心した!なんだかよくわかんない!!


安心した所で、キャラクターの幸せ以外の、もしかすると読者に向けられてたんじゃないかって部分について、思ったことだけでも書いとこう

118ページあたりのモノローグが好きです
痛いくらいに
そしてこんな検索をする
グランローヴァのおじいちゃんも何でも楽しむ達人だったなぁそういえば
しみじみ…って文庫版出てたのか

そして最後に、最後まで気になるのがあの人形
あの回が、一番こちら側に向けられた話なような気がする
“キャラクターが自分で動いた”フィナーレにすると決めたから生まれてきたような
根拠ないですがねι
延々と四季とイベントを繰り返すいわゆるサザエさん時空にしてしまえばまだまだ続けられただろうし
終わるにしても、3人が感動的にプリマ昇格、3大妖精も3人娘もウンディーネとしてがんばって行きますって方がすんなりとというか補完の余地があるというか、ともかく無難に受け止められる形だったのは間違いないでしょう
でも、あのフィナーレにすると決めた
その説明・宣言の回だったのかなぁとか

おこがましいとらえ方をさせてもらうならば
こんなにも輝いている世界も歪んで見えてしまう、そんな瞬間も許してもらえたような、そんな感覚。上手く言えないけど
幸せは人それぞれって言うけど、あのお爺さんは違うでしょう
奇跡で出来てる惑星の住人とは毛色が違うような
お爺さんが作者で、人形が作品世界?それともお爺さんは読者?何様姫様?
ちょっぴりの刺激とともに日常は続くーは人形だってこと?
どこか歪な、自分勝手な
「…自分勝手なものです」のとこでお爺さんこっち見てない?
そしてお爺さんが目を閉じ、今度は灯里が見上げる
どこ見てんのこの二人
あー妄想が止まらない
扉絵は灯里の、主人公の姿をした人形か……微笑か
極め付けのサブタイトルは「生き人形」とな


で、社長が待ってたのは何だったの?そもそも火星猫って?
165Pの人たちは灯里がメールしてた相手なの?全員?
ケット・シー、メールできるのーーー?いいないいな
あーーー気になる気になる
だってさぁ、はっきりしないものがあってももうさぁあああああああ終わっちゃったああああああああー結局これになっちゃうのかーーー
ぁ゛ぁ゛ー
くすぐりエルモの断末魔みたいな声が出て、自分でびっくりした
恥ずかしいセリフをだいぶ吐いたー


最後に新コーナー:本日の地引網(へのリンク)
1 真っ先に思い出した
2 むてきんぐー
3 見たことないですがι
4 ごめん面白いι
5 うむ
| | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤巻紙死撒神
『死神の精度』を読みました

文章は好みで話の組み立ても面白かったけど、死神というか死の設定(分類)が好きじゃなかったんで、この本自体はお気に入りとはなりませんでした
タイトルがものすごくツボだった分期待しすぎたってのもあるんで、他の著作に手出してみてもいいかな
| | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スナフキン、義務ってなんだい?
帰ってきて、洗濯物をとりこんでみたら砂にやられてて全滅だった土曜日
それはともかく、今日のお届け物



零くん逃げてー!
でもある意味バランスは取れているような

3月のライオンは読み終わりました
面白さに安心するような感覚があったかな
技法の名前は知らないけど、あの要所要所で使われるセリフとモノローグを別進行させる絵、あれがとても好き
迫力の中に、どこか心地さがあるから

そしてあの態度のでかい猫がいい
あとあとがきの、某とーちゃんの思わぬ登場にふいたι

それで思い出した
今出てるダ・ヴィンチでよつばと!の特集やってたから読んだけど、けっこう面白かったです
| | 19:32 | comments(3) | trackbacks(0) |
それは生のチェンジエージェント
巡回先でうっかりグランドフィナーレの話題を見かけるってのが2回あったんで、少しとっておきのペースアップ

ARIAの8巻買ってきました
68ページの最後のコマで思わず手が止まりました

時々入る毛色の違う回が大好きです
“が”じゃなくて“も”か
ともかく、墓地の島の話は良かった
アクアは素敵んぐわーるどで負をばら撒くような人がいないかのようだけど
最初からいないわけではないのかな?だったらおもしろとか言っちゃう人じゃあだめですねはい
漫画の世界に住めるとしたらどの…とか大真面目に語るの大好きなわけですが
生きるなら、カラクリマリィのある世界(Marieの奏でる音楽)がいいなぁ
水の惑星は眩しすぎる
その石をしまってくれんか、ワシには強すぎる…。
いや、あれだけの技術力があれば、あのマリィのオルゴールだって
そういえば重力のコントロール装置は楽器を模しt…

寝よう
| | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
今年が終わってしまう―――
あけましておめでとうございます
今年も残すところあと364日ですね

このネタを今年はどこでも見かけないのは何故だろう
年末年始はとても平和に過ごしました
現状、まぁお勉強の内容以外で根本的に悩みってものがないからかもね

年越しの瞬間は、FEZにログインしてました
というか日記もFEZ-SNSでゲーム日記を書いてます
新作のゲームで、これは!ってのがない限りは骨を埋めそうです
いつか終わりが来るまでは

今年が終わってしまう―――
このタイトルはARIAからの引用です
2巻の年越しの話の時の、モノローグっていうのかな
実は読み始める前は、癒されはするだろうけどそれだけかなとか思ってたんですが
ここの緩急でもうやられました
鳥肌が、鳥肌が
緩急で感泣です
“年越し”のイメージとして強く強く刻まれて、年末に何度も思い出してました
おそらく来年も思い起こすんでしょう

AQUAからちびちび読み進めて読み返してまた読んで、今ARIAの6巻です
イチゴは最後まで残すタイプなんで、特にスピード決めずに取っといてたんですが
3月までには追いつきたいと思います
最終話をリアルタイムで読むために…
終わりを、終わりをただ悲しんでたらこの漫画から何も受け取ってない気がするから
日々をしっかり生きて、その日に向かいたいと思います
恥ずかしいセリフって書こうとしてもなかなか書けないねι

そのアウグーリオ・ボナーノなんですが
この時のアリシアさんちょっと黒くないですか
「命が惜しければ(略)」とか
125〜126ページの社長の扱い方とかι
謎のあるキャラっていいね…アリシアさん20歳
20歳?うそん
あれ、そもそも地球の2倍の周期のアクアって、歳のカウントどうしてるんだろ?

んー、詳しく検索すれば考察とか当然いっぱいあるんだろうけど
無知のまま7巻以降にすすみたいと思います
| | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
故国なり
皇国の守護者
何でここで終わりなのぉぉぉ

事情は風評でしか聞こえてこないけど
おそらく漫画の描手側の意思でも、もちろん人気が出なくて打ち切りではない事は分かるってのが…すっきりしない

話の続きが気になるというよりはこの“漫画”を読みたいってのだったから
何か別のきっかけがないと、原作には手つけないだろうな

5巻の感想
「剣虎兵、前進」の見開きがかっこいい
東方辺境領姫と千早とがかわいい
新しい人物も組織も見えてきて、これからどう…あぁやっぱ終わりが唐突過ぎー
| | 01:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
言うのです!!お嬢様!!
ひさかたぶりーのーせいきまつー
やっぱり使い始めるとFEZのSNSが便利なもので
そういうわけです



勢いでこんな出オチコミュもずいぶん前に作って、時々独り言言ってるんですが
そこで9巻の連載時からの変更点をちょっとまとめたのをこっちにも持ってきて、久々の更新とします


HELLSINGもいよいよラスト2巻(らしい)に突入で、あっちゃもこっちゃもみいんな御破算ですが、アワーズ連載の時からかなり加筆修正が入ってますね、過去最大量
http://wikiwiki.jp/hellsing/
ここの9巻のとこと未単行本分のとこを見比べると、セリフやナレーションも変わってるのが分かります
連載時のが好みだったなーって場所もあったりして
あーもっと綺麗にスクラップしとくんだったー
4割方自慢です、へへ




基本的には、1枚目みたいに手書きの文字だったのがゴシックに
その中で、2枚目みたいに印象まで変わる変更点も多々
ロリカード(アーカードのあの形態)での口調が、餓鬼に合わせてやった感を出すためか子供っぽくなってて…なんだろうこの感情はι
アーカードが「はいハズレー。」とか言うなんてっ

ルークお兄ちゃんの犬の餌扱いだけは変わってなくてかわいそうです
わんわんわーん



これは連載時のがぞくっときたかなぁと思うのはここですね
単行本だと97ページにあたる部分
ゲームに例えた言い回しを他でもしてるから、それに合わせた変更なんですかね
こっちでもいいけど、インテグラお嬢様の「くびり殺そうと思う」は使い勝手(?)が良さそうだったんで、なくなっちゃったのは少し残念
| | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Coffeeくらいで火傷したのが動揺してる証拠なんだけど
昨日ので、書き忘れたことがあった
ある程度書いたところで、この文章何かに似てるなって気付いて、すぐ元ネタにたどり着いて…ってとこ

自分は終わった事しょっちゅう思い出して余計な事考えて…みたいな事書いてるときに、これは何かを意識してる、もっと語呂がいい文章を知ってるって感覚が来て
そして思い出したのが、プラネテス4巻の作者コメント
死ぬとか、生きるとか、それらの意味とか、宇宙のこととか、戦争とか、平和とか、かわいいあの子のこととか、ケンカ別れたままの友達のこととか、昔やらかした大失敗を後悔したりとか、僕の脳ミソはだいたいその手の「考えたってしょーがないだろう」系の問題でいっぱいいっぱいです。答えのないことをダラダラ考えて時間をムダにして、時間のムダだからとりあえず現時点の結論をヒネリ出そうとして、やっぱり出なくて、そんなことしている間は他のことがウワの空になってて、コーヒーカップをひっくり返しちゃったりしちゃったりして、ああもう困ったもんだ。そんな僕につける薬はあるんでしょうか?あるんでしょうかってば。ないならせめて仲間が欲しいです。

幸村 誠
本編も面白くて、サブタイトルも気を引かれるものばっかりで、ネタ帳に加えたものがいくつもあるんだけど
結局このコメントが一番記憶に残ってるなぁ

今やってる連載も読んでみようかな
| | 21:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
A10神経接続、異常なし


この動画から始まって、ここの高校の演技をいくつか見ました
素晴らしい、素晴らしい遊び心、心意気
「いかに観客に楽しんでもらうか」がテーマって、言うのは簡単だけど実行するのは難しいですよー、まして高校だし
いい物を知った



体操つながりで
こういうテレビなら、実況なら、見たいんだけどね



実行の次は解説
好きなんだなぁ〜ってのが伝わってくると、幸せになるよね。何でもそう
開いたのは閣下見たさでだけど、この過去の相撲の勝負も見てよかったと思う


さーてこっからは漫画の話
「男子新体操」って語を見たら真っ先に連想するものが市場にあって、動画とは関係ないとこでもちょっと感動してたんですが



その昔、「これ面白いよ!」って友達に見せたらタイトルで引かれて読んでもらえなかった思い出があるのはどうでもよくて
奇抜で斬新な設定とかがあるわけじゃないけど、読んで良かったと思える、いい漫画です。人間関係が理想だと思う
“主人公が常識人な桑田漫画は特別面白い”の法則を私の中に作った、その片割れです



もう片方はこっち
んーimage出ないか

まずタイトルがいいでしょう
漫画好きで猫好きの人になら、迷わずで勧められる漫画です
いいなぁ、猫委員会がある学校いいなぁ
マチカの夢の中で描かれる絵本、あれがすっごいいいんだ…
今、更新したら引っ張り出す予定ι
| | 07:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
誰のため?生きるため?パンのため?
辛子色の細胞は、巨大な組織から離れ、ゆっくりと走り出した。
「有限と微小のパン The Perfect Outsider」を読みました
S&Mシリーズの最終作
私の残してたイチゴの一つ

切り札というか、なんというか
もし不意に、ものすごいずんどこな気分になった時に食べるために、逃げ込むために、何個か触れずに残してるんですね、しばらくの間“浸れる”確信があるものを
漫画では、ARIAシリーズ
音楽では、Sound Horizonの新作
あー、外見あんまいじらないのもこの延長かも
いやそれはただのものぐさか

本の感想は、陳腐になるから無し
次の著作にも手を出そうと思う、その衝動が答えなり
これもただのものぐさかι


最後、業務連絡というか注意書きというか
FEZの日記は、しばらくSNSの方使っていこうと思います
SSを張る場所とか不満はあるけど、やっぱりなんだかんだで利点は多いし
妙なこだわりは捨てて大人になろうってお年頃です
| | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |