CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
ためこむ場所
忘れないための場所
小動物の頬袋

FEZはB鯖ネツ ROはFenrir
<< モロクの魔王と古城の女王 | main | The Great Escape >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
七色に光るワシ


呼吸をー止めて1秒〜
この歌のキモは”星屑ロンリネス”だと誰かが力説してた気がする‥

前回の続きで、今回は”歴史学者クエスト”です
ネタバレ全開FineOK 遠くの街まで響くよ〜長いよ〜



始まりは偶然
ちょっとしたおつかい程度の気持ちで届けた本と、そこで出会った変わり者



ミッドガルド王家、その栄光の家門を鷲に喩えた建国童話



しかし話を集めると、どうやら童話が2つ・・



しかも、鷲(王家)を傲慢と言い、さらには死を暗示するような‥



そして、実態を帯びる”童話”
ミッドガルド王家の影、成人することなく死んでゆく第1王子
その体には、網の模様‥網‥鱗‥



知っている、その旅人は知っている

でも、呪いで死ぬのは第1王子、ならなぜ死体が3つ?



解呪の失敗、その反動として第2第3王子の死
でもおかしい、第1王子の体と比べて、紋様が‥



死因は解呪失敗ではなく毒による暗殺、そしてその毒が手に入るのは‥



西‥異教‥アルナペルツ!

簡潔‥とは言い難いけど、一応概略をまとめてみたんですが
西側を隠れ蓑にした内部犯の線か、本当に西側の謀略か
どっちにしても、表に出れば全面戦争に発展してもおかしくない話だし
”自分”の身の心配した方がいいんじゃないかな、とか思いました
1冒険者に知られてていい話じゃ‥アサギルドあたりから刺客が来そうだ

アルナペルツ、アップデートまだかな‥
| RO-クエスト | 22:48 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |